敏感肌 バリア機能

敏感肌はバリア機能の低下か

表皮が肌のバリアとなり、外部の刺激から肌を守ったり、内部の水分を保持してハリ、弾力、潤いのある肌を保っています。敏感肌はこのバリア機能が低下した状態で様々なトラブルを起こしているのです。

肌のバリア機能を修復し、負のスパイラルから抜けだして、健康でキレイな肌に導く。美白もエイジングも積極的にケアできるのが敏感肌・乾燥肌専用のスキンケアブランド、ディセンシア。

 

外部の刺激をブロックし、肌の潤いを保持するディセンシアのテクノロジー

ディセンシアの独自特許テクノロジー</p>
<p style=" />

表皮の角質層で非常に高い保湿力を持つセラミド(角質細胞間脂質)がラメラ構造と呼ばれる構造で水分をサンドイッチ状に挟み込んで保持しています

 

ラメラ構造はわずか2mmの厚さの中に約20%もの水分を保持し、角質細胞をしっかり繋ぎ止めて、内部の水分の蒸発を防いだり、外部の刺激から肌を守っています。

 

セラミドは加齢や外部の刺激で減少してしまい、その結果肌のバリア機能が低下して肌が乾燥し、ターンオーバーが乱れたり、過剰なメラニンが生成されたり、更に刺激を受けやすくなり、肌のトラブルが引き起こされる、と負のスパイラルに陥りがちなのです。

 

バリア機能の修復を助けるスキンケア化粧品を選ぶことも肌トラブルの解消の一つの有効な手段です。

敏感肌は見た目で損をしている?

ラメラ構造を作っているセラミド(角質細胞間脂質)は体内で生成されていますが、加齢による自然な減少と、外部の刺激による減少でラメラ構造が崩れます。

 

保水力が低下して肌の乾燥を招いたり、つなぐ力が弱まって、構造自体が崩れることで外部の刺激を受けやすくなりバリア機能が低下するのです。

 

バリア機能が低下して肌が乾燥すると、皮脂の分泌が過剰になってニキビなどができやすくなったり、乾燥でカサカサになった角質を修復しようと表皮細胞の生成が過剰になったり(ターンオーバーが早まる)します。

 

ターンオーバーの乱れでバリア機能が低下

セラミドの役割・保水・バリア

表皮細胞が通常より速いスピードで生成されるため、未熟な細胞が角質層を埋めることになってしまいます。未熟な細胞では正常な働きをすることができません。

 

紫外線などのダメージをより受けやすい状態となっているのでメラニンの生成も過剰になり、いつまでも肌に残ってシミやくすみが発生しやすくなるのです。

 

また、真皮のコラーゲンやエラスチン、線維芽細胞も攻撃されて自然減少以上に変性、減少してしまい肌のハリや弾力も失われていきます。

 

敏感肌の見た目年齢が上がってしまうのは、バリア機能の低下による肌トラブルをより受けやすいためと言っても良いのではないでしょうか。

敏感肌とは?肌のバリア機能が低下している状態です関連ページ

敏感肌専用美白ケア!サエル
敏感肌専用の美白化粧品の「サエル」を知っていますか?敏感肌用化粧品には敏感肌自体のトラブルを改善するのが目的で、美白効果までは期待していないのでは。「サエル」は敏感肌の女性が実感できる美白ケアを独自の特許で実現しました!
敏感肌のエイジングケア!アヤナス
敏感肌はエイジングが進みやすく、見た目年齢が11歳も違って見えるとも言われています。独自特許技術で肌バリアとなり外部の刺激をブロック、美肌成分を肌に浸透させるアヤナスで敏感肌のエイジングをケアしましょう。
角質層を潤しバリア機能を回復!つつむ
角質層の修復に、特許技術のバリアクリームが肌の表面をつつんで水分の蒸発を防ぎ、また外部の刺激もブロックします。ナノサイズのセラミドが角質層の奥に浸透して肌が本来持っているバリア機能の回復を助けます。
細胞の分解と生成
細胞の分解と生成のバランスが取れているのが健康な肌。加齢や外部の刺激で分解のスピードが速くなることで様々な肌トラブルが起こります。
ターンオーバーのメカニズム
ターンオーバーで表皮細胞が生まれ変わり、肌を若々しく保っています。加齢や外部の刺激でこのサイクルが乱れると肌のバリア機能が低下し、肌のトラブルが引き起こされます。