敏感肌 バリア機能

敏感肌は見た目で損をしている?

ラメラ構造を作っているセラミド(角質細胞間脂質)は体内で生成されていますが、加齢による自然な減少と、外部の刺激による減少でラメラ構造が崩れます。

 

保水力が低下して肌の乾燥を招いたり、つなぐ力が弱まって、構造自体が崩れることで外部の刺激を受けやすくなりバリア機能が低下するのです。

 

バリア機能が低下して肌が乾燥すると、皮脂の分泌が過剰になってニキビなどができやすくなったり、乾燥でカサカサになった角質を修復しようと表皮細胞の生成が過剰になったり(ターンオーバーが早まる)します。

 

ターンオーバーの乱れでバリア機能が低下

セラミドの役割・保水・バリア

表皮細胞が通常より速いスピードで生成されるため、未熟な細胞が角質層を埋めることになってしまいます。未熟な細胞では正常な働きをすることができません。

 

紫外線などのダメージをより受けやすい状態となっているのでメラニンの生成も過剰になり、いつまでも肌に残ってシミやくすみが発生しやすくなるのです。

 

また、真皮のコラーゲンやエラスチン、線維芽細胞も攻撃されて自然減少以上に変性、減少してしまい肌のハリや弾力も失われていきます。

 

敏感肌の見た目年齢が上がってしまうのは、バリア機能の低下による肌トラブルをより受けやすいためと言っても良いのではないでしょうか。

肌のバリア機能が低下して敏感肌に関連ページ

細胞の分解と生成
細胞の分解と生成のバランスが取れているのが健康な肌。加齢や外部の刺激で分解のスピードが速くなることで様々な肌トラブルが起こります。
ターンオーバーのメカニズム
ターンオーバーで表皮細胞が生まれ変わり、肌を若々しく保っています。加齢や外部の刺激でこのサイクルが乱れると肌のバリア機能が低下し、肌のトラブルが引き起こされます。