ターンオーバー メカニズム

ターンオーバーのメカニズム

ターンオーバーは簡単に言えば、表皮細胞が一定の周期で入れ替わり、肌を若返りさせる仕組みです。

ターンオーバーのメカニズム

ターンオーバーの遅れ
表皮の基底層で生まれた表皮細胞が層になっており、古い層が段々に上に押し上げられてやがて角質細胞となって最後はアカとして剥がれ落ちる、肌の生まれ変わりのサイクルです。

 

角質層ではラメラ構造で肌のバリア機能が働き、肌を健康で若々しく保つ働きをしています。

 

ターンオーバーのサイクルは、20歳で約28日の周期、40歳で約40日と言われています。サイクルが遅くなる、ということはそれだけ古い細胞が肌に残る期間が長くなるということ。

 

弾力がやはりが失われ、シワ、たるみ、シミやくすみと言ったトラブルも起きやすくなります。

 

ターンオーバーの早まり
逆に肌のバリア機能が低下したことで、傷ついた角質層を修復しようと表皮細胞の生成が通常のサイクルより早く行われるため、未熟な細胞が角質層を埋めてしまうこともあります。
未熟な細胞で埋められた弱い角質層は、本来のバリア機能を発揮することが出来ず、外部刺激を更に受けやすくなってしまいます。

 

ディセンシアのターンオーバーの乱れを修復するケアで敏感肌を改善し、美白、エイジングケアも積極的に。

ターンオーバーのメカニズム関連ページ

敏感肌とは?
角質層の乱れが肌のバリア機能を低下させ、肌が本来持っている肌を健康に保つ働きが低下している状態が敏感肌です。敏感肌は負のスパイラルがおこり、敏感状態からなかなか抜け出すことができません。
細胞の分解と生成
細胞の分解と生成のバランスが取れているのが健康な肌。加齢や外部の刺激で分解のスピードが速くなることで様々な肌トラブルが起こります。